購入する前に知っておきたい!子どもの日に欠かせない五月人形のミニ知識

このサイトでは子どもの日に欠かせない五月人形のミニ知識について紹介します。
五月人形とはどんなものなのか、その意味や由来など、知っておくと役に立つ情報について分かりやすく丁寧に解説します。
また五月人形を購入する際に知っておきたい種類や相場、孫に送るための五月人形を選ぶ時のコツやポイントなど、初めて端午の節句を迎えるけどいろいろ種類があってよく分からないという人は、ここの情報を参考にすれば必ず役に立ちます。

購入する前に知っておきたい!子どもの日に欠かせない五月人形のミニ知識

五月人形とは子どもの日に飾る兜や鎧、武者人形のことです。
古来より5月5日は端午の節句として男の子の健やかな成長を祈る行事の日ですが、現代でもその風潮は根強く、子どもの日というより端午の節句であり男の節句という意味合いがあります。
そのため五月人形も鯉のぼりや武者人形を飾るのが一般的です。
五月人形とはもともとは強さの象徴であり武士が身を守るためにつける鎧や兜を、男の子の元気な成長を願って飾るお守りとして位置付けているため、現代に至るまでその思いがしきたりとなって伝わっています。

五月人形の手作りキットの特徴と魅力

様々なところで販売されている五月人形の手作りキットが気になるという人もいるのではないでしょうか。
これは五月人形をハンドメイドしたい人に便利なアイテムで、必要な材料がセットになっているのが特徴です。
制作に必要な道具は別途用意する必要があるのが一般的ですが、材料は一度に揃えられるのでそれぞれを1つずつ集める必要がないのが良いところです。
初めて作る場合でも、このような手作りのキットを用いれば迷うことなく必要な材料を集めることができるでしょう。
五月人形の手作りキットには、本格的な木目込み人形から手軽なフェルト細工までの色々なタイプのものがあります。
それぞれの人に合ったキットを使うことで、自分の好みに合うようなものを作れるのも魅力です。
さらにプレゼントにするために作る場合にも適していて、心のこもった贈り物にすることができます。
その上、ハンドメイドなら自分好みに色や素材をアレンジして作ることも可能です。

五月人形を端午の節句に飾る目的とは

5月5日はこどもの日で端午の節句とも言います。
鯉のぼりや五月人形を飾りますが、鯉のぼりの意味は「鯉は生命力があり、大きく丈夫でどんなところでも強くたくましく育つ」との願いが込められて掲げられていますが、五月人形を飾る目的を知っている人は少ないと思います。
「五月人形」とは、もともと中国からの季節の行事で、昔中国では5月は病気が流行る時期で、5月5日はその災難が多い「5」の数字が2つ並ぶことから災いを呼ぶ日とされていました。
そのため、五月人形は子どもの健康と成長を願うものとして、子どもの代わりに厄を引き受けたり子孫繁栄を願うとして現在まで飾られてきました。
日本でこの習慣が始まったのは江戸時代からで、武士の家で災難や厄などから男の子を守るという気持ちを込めて飾られています。
また、人形を人に譲ったり兄弟でお下がりを使うこともNGとされています。
これは人形が「子どもの代わりとなって厄を引き受ける」ということから、厄を次の人に引き継いでしまう恐れがあるからとされているからです。
飾る目的を知って、子どもの健康や成長を願い季節の行事を楽しめるとさらに良いです。

子どもの五月人形は誰が用意するべきなのか

端午の節句といえば五月人形を飾ってお祝いしますが、そもそも誰が用意するものなのでしょうか。
初めて男の子が誕生した家庭では疑問に思う人もいるはずです。
じつは特に誰が購入するというルールはありませんが、子供の母親の実家が贈る習わしが比較的多いようです。
ですがそれについても地域性があり東日本では父方の実家が、西日本では母方の実家が贈ることを習わしとするところもあります。
母親の実家が贈るのには意味があり、嫁いでなかなか会えなくなった娘に会うために孫の誕生を祝してお祝い品を用意して顔を見に出かけたということにちなみます。
父親の実家が贈るというのは家を継ぐ男児が生まれたことを祝す意味から来ています。
しかし現在においては結婚そのものの意味合いが以前とは変わってきているため、どこが贈るというよりも誰のために購入するかということが大切になってきています。
五月人形と一口にいっても種類は様々です。
誰のために何のために買うのかということを前提に、夫婦が主導権を握って子供のための五月人形を購入するのがよいです。

近年人気の五月人形のトレンドを解説

かつてはきらびやかで大型な商品が人気だった五月人形ですが、最近はコンパクトなタイプがトレンドとなっています。
また、デザインもきらびやかなものよりシンプルなものやモダンなタイプが好まれており、ケース入りの商品を選ぶ人も少なくありません。
この傾向には洋風な部屋で生活している人が多いことや和室が無いことなども関係していると考えられ、洋風のリビングや玄関に飾ることを前提とした選択となっているからだと考えることができます。
さらに、サイズについても飾る場所が少ないことが関係しており、同時に収納場所も考慮した選択となっていると考えられます。
コンパクトなタイプなら出し入れが楽なので毎年飾ってもストレスがありませんが、出し入れが大変で収納場所にも困るものであれば数年で飾らなくなってしまったり手放してしまう可能性も少なくありません。
そのため、五月人形を選ぶ時には金額はもちろんですが、デザインや出し入れのしやすさも考慮して選ぶとストレスなく飾り続けることが出来るでしょう。

著者:小山田明男

筆者プロフィール

新潟県魚沼市生まれ。
職人として長年数多くの五月人形を生み出す。
意外と知らない五月人形の知識をサイトにまとめました。
木目込み 五月人形